会則

東海脳腫瘍手術手技研究会会則

Tokai Brain tumor Surgery conference (TBS)

  •  総則

1.本研究会は、「東海脳腫瘍手術手技研究会(TBS)」(以下本会)と称する。

2.本会の事務局・連絡先は、以下の通りとする。

名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1 名古屋市立大学医学部脳神経外科学教室

  •  目的・事業
    • 本会は、脳腫瘍の手術を中心とした外科的治療およびそれに関連する事項に関し、広く知識の交流を深めるとともに、手術手技の後進への継承を目的とする。
    • 本会は、前項の目的を達成するため、年1回の学術集会を行う。また、その他、本会の目的を達成するために必要な事業を行う。
  •  会員

本会の第二条の趣旨に賛同する東海地方を中心とした脳神経外科医で構成する。

  •  会費
    • 本会会員は、毎年年会費(1,000円)を年度内に納入しなければならない。また、学術集会当日、参会費として1,000円を納入しなければならない。ただし、初期研修医および外国留学生はこの限りではない。
  •  役員および運営委員
    • 代表幹事
    • 会計監査役
    • 運営委員(うち一名を当番幹事とする)10~15名程度
      • 運営委員の選出は、運営委員会で討議する。運営委員としての

  参加は、原則として60歳までとする。

  • 当番幹事は、運営委員より選出する。

附:当番幹事は、運営委員会において協議決定された学術集会を主催する。また、新たに運営委員を選出するときは、運営委員がこれを推薦し、運営委員会での承認を得るものとする。

  •  顧問

  本会は、運営委員会の議を経て、原則として各大学1名の顧問をおくこととする。

  •  開催および運営

本会は、原則として年1回開催し、企画・立案・運営を当番幹事が担当する。

  •  会計年度

本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終了する。

附:会計は会計監査役により監査を受け、運営委員会で会計監査報告が行われるものとする。

  •  会則の変更

本会則は、運営委員会において改正することができる。

  •  付則

本会則は、平成21年8月7日より施行する。

本会則は、平成24年4月1日より施行する。

本会則は、平成29年4月22日より施行する。